ウェブライター生活を持続させるコツ

転勤族で、誰にも頼れない土地で育児をしているので、在宅でできる仕事を探していました。そこで、見つけたのが『ウェブライター』。今、ネット上でも、仕事を見つけることができます。

 

もし、ウェブライターになりたいと思っているのなら、興味のある分野の記事を書く仕事をもらって、とにかく本数を増やすことだと思っています。少し、単価が安くとも経験になりますし、そこで、経験をつめば、単価も上がっていきます。

 

そのときに、クライアント様の過去の取引は確認しておきましょう。ほとんどのクライアント様は信頼できる方ですが、まれに信頼できないクライアント様も残念ながらいらっしゃいます。過去の取引から信頼できると判断したクライアント様から仕事を請け負って、経験をつみましょう。また、過去の記事を参考として提出する場合もよくありますので、何本か自信のある参考記事を用意しておくことも必要です。

 

そんな主婦のお小遣い稼ぎや、メインの仕事の合間に行う副業として人気を博しているウェブライターですが、軽い気持ちで始められるというメリットの裏側で、誰に認められることもないまま、気が付いたらやめてしまっていたという事例が後を絶ちません。
実際、私がウェブライターとしてブログを開設したのは5年位前なのですが、5年間休みなくウェブライターの活動をしていた訳ではありません。
やはり、自宅という、監視する人もおらず、自由に過ごせるような状況下で、コツコツ仕事を続けるのは強い精神がないと難しいと実感しました。
しかしながら、おやつや昼寝といった誘惑に弱い私でも、今では毎日パソコンを開き、ウェブライターとしてブログを更新する日々を続けられるようになりました。そうすることができるようになった理由のひとつが、精神的な負担からの解放です。

 

ウェブライターを始めたばかりの頃は、家計を助けていると胸を張って言える位の金額を稼がないといけないと躍起になり、1日あたり何記事以上といった厳しいノルマを課していました。そしてSEO記事とかアフィリエイト記事とかいう耳に入ってくる言葉に振り回されていました。そのような生活に疲れてしまい、日に日にパソコンを開けてもインターネットばかりするような状態に陥ってしまったのです。

 

ある日、これでは意味がないと思い、自分自身にノルマを課すことをやめ、家事育児やその他の予定、さらに休憩などもし終えて、最後に余った時間をウェブライターの活動時間に充てることにしました。
そのため、1日に稼ぐことのできる金額は以前よりぐっと減ってしまいましたが、気楽に続けていられる分、月単位では、意外にもかなりの金額に達しており驚きました。

 

ウェブライターを長く続けたいのならば、1日のうち少しの作業時間でもいい、その代わり毎日続けるということを目標にしてみると良いのではないかと思います。

PR|マッサージのリアル口コミ.com|貯蓄|健康マニアによる無病ライフ|初値予想|GetMoney|内職 アルバイト|住宅リフォーム総合情報|オーディオ|お家の見直ししま専科|ショッピングカート||童話|英語上達の秘訣|英語上達の秘訣|サプリメント|JALカード|お小遣いNET|